ラッピングをする時の注意点

素敵なラッピングには相手を思いやる心とルールが詰まっている

大切な人への贈りものとして、お誕生日、クリスマス、母の日や父の日のギフト、また結 婚祝いや出産祝いなどを、お店で素敵にラッピングしてもらったり、またご自身で可愛く ラッピングしたことが誰でも一度はあると思います。 日本には慶弔のしきたりがありますが、実はラッピングもしきたりに合わせてルールがあ るのをご存知ですか?

贈る目的別の決まりごとが大切

結婚式などのお祝いごとと、香典返しなどのお悔やみごとでは包み方に違いがあります。 しきたりにあった包み方をきちんと使い分けましょう。 慶事は右前・上向き、弔事は左前・うつむくという言葉があるように、包み方にも慶弔の しきたりがあります。

合わせ包みの慶事(画像・赤)は、裏の合わせ目が右の紙が上に重なり、弔事(画像・灰色)は左の紙が上に重なりま す。

 

 

 

 

斜め包み(デパート包み)は、慶事(画像・赤)は、幸せをこぼさないようにという願いから天に袋が あり、裏の仕上がりは右側から紙が重なり、合わせ目が上に向いています。 いっぽう、弔事(画像・灰色)は、悲しみ事が早く流れますようにという願いから地に袋があり、裏の仕 上がりは左側から紙が重なり、合わせ目は下を向いています。

 

 

 

 

このように、慶弔の包み方には違いがあり、間違えると失礼にあたるので注意が必要です が、区別がつけられるので、きちんとした印象を与えることができます。
ラッピングは、きれいに包む事はもちろんですが、慶弔の包み方を学び、商品の天地を確 認してから包む必要があります。

 

慶弔以外の贈り物にも決まりはある?

包み方が異なるのは、弔事の場合だけです。それ以外の贈りものは慶事と同じ包み方をし ましょう。 また、贈りものの中身に合わせて包み方を考えることも大切です。中身と不釣り合いで大 げさなラッピングや、イメージに合わないラッピングは逆効果になるので配慮が必要です。

TPO に合わせた包み方で贈りましょう。

慶事・弔事のとき、目上の方へ贈るとき、あらたまった場での贈りもののときなどは、し きたりをふまえた上で包み、アレンジは加えず、のしやかけ紙をつけることでよりフォー マルな印象になります。 また、仲の良い友人や親しい人への贈りもの、気取らないちょっとしたプレゼントのとき、 おすそわけをするときなどは、贈る相手のことを思い、清潔を心がけて破損しないように 気を配ればどんな包み方でも大丈夫です。季節やイベントに合わせた包装紙を使ったり、 飾りで遊び心を加えることで、カジュアルなラッピング(画像・バッグ型ラッピング)に仕上がります。 フォーマル(画像・箱)とカジュアルを見極め、贈る相手やその場面に合った包み方をするのがラッピ ングのルールなのです。